top of page
  • 執筆者の写真多摩商工

西東京市東伏見6丁目 国史跡下野谷遺跡竪穴式住居・復元 第5章

<名古屋木材工場木材検収>


第1章でお伝えした通り縄文時代竪穴式住居は栗木を使用しています。

今回復元工事木材も栗木を使用しています。

仕様を考慮すると栗木の幅、長さ、水平具合、垂直具等と仕様に該当する栗木がなかなか見つからず苦労しました。

株式会社モクラボさん(1次請負協力業者)が国内全域で生栗木を集めてくれました。

材木工場は名古屋、姫路、宮崎にあり活気があり頼れる会社です。

発注者(西東京市)、監理者(設計監理)、受注者(多摩商工)の3名で名古屋材木工場で資材検収しました。

次回、姫路工場です。


工事着手前




多摩商工は西東京市の建設会社です。

最近はリフォームに力を入れております。室内のちょっとした改修からエクステリアまで、何でもご相談ください!

お見積は無料です。


下記もご覧ください!


閲覧数:11回0件のコメント

Commentaires


bottom of page