top of page
  • 執筆者の写真多摩商工

東京都新宿区大久保三丁目地内 戸山公園内 トイレ改築工事 その14

2023年9月 <トイレ改築工事 その14 トイレ改築工事・内部の排水溝設置>


今回は床の排水溝(グレーチング)の設置工事です。

トイレなので、清掃の際は水を床に流しながらおこないます。水の逃げ道として全てのトイレに排水溝を設置して、床の水はけを良くする必要があります。水が流れるためには床に勾配を付ける必要がありますが、あまり勾配を強くしてしまうと歩きづらいトイレになってしまいます。これも考慮して床の高さを設定しました。 写真は男子トイレのものです。まず排水溝の枠を設置するためにコンクリートで事前に溝状のへこみを作っておきます。設置前の写真手前に見える白く丸いものが排水水の一番低い所で、ここに向かって水が流れるように排水溝の枠が設置されたあとにまた左官でへこみ部の仕上げをおこないました。 枠は将来的にさびたり劣化したりしないように材質はステンレスを選定し、タイルの割付を考慮して、タイルの加工部が均等に見えるように仕上げました。 設置後まだ排水溝本体は乗せていませんが、枠もすこし勾配を付けて水はけを良くしておきました。 歩いた感じでは勾配の実感はありません。 次回はトイレブースの設置工事についてアップします。



施工中




多摩商工は西東京市の建設会社です。

最近はリフォームに力を入れております。室内のちょっとした改修からエクステリアまで、何でもご相談ください!

お見積は無料です。


下記もご覧ください!


閲覧数:11回0件のコメント

コメント


bottom of page